「ザイオンス効果(単純接触効果)」で無意識に惚れさせる7つの恋愛心理テクニック

  • 気になる異性を振り向かせたい
  • 脈無しでも相手を無意識で惚れさせる方法ってあるの?
  • 誰が使っても簡単に効果が出せる恋愛テクニックが知りたい

と悩んだことはありませんか?

そのような悩みはこの記事で「全て」解決していきます。

今回は「心理学のザイオンス効果を使った確実に異性を惚れやすくするテクニック」をご紹介します。

このテクニックの最大の特徴は、「ハードルがかなり低く誰でも簡単に使える」ところです。

ちなみに、男女どちらにも使えて、年上・年下も関係なく使えます。

片思いの人には必ず知っててほしいテクニックなので、ぜひ覚えていってください。

目次

ザイオンス効果とは「単純接触効果」

ザイオンス効果とは「人は接触頻度が高くなると、無意識で対象の好感度が高くなり、惚れやすくなる」心理現象です。

そして、ザイオンス効果とは別名「単純接触効果」とも言われています。

日常で多く使われている

ザイオンス効果は日常でも多く使われています。

例えば、テレビCMや広告で何度も見る商品や企業に対して良いイメージを持ちやすいのはザイオンス効果によるものです。

ザイオンス効果の実験

アメリカの心理学者ザイオンスはある実験をしました。

最初に、たくさんの被験者に卒業アルバムの中から12人の写真を見せました。

その時に、12人の写真をABCの3グループに分けて、グループごとで違う見せ方をしました。

Aグループの写真は2回見せた

Bグループの写真は5回見せた
Cグループの写真は25回見せた

その後、それぞれ12人の写真の人物の好感度をアンケートしてもらいました。

その結果、25回見せた人の好感度が一番高くなりました。

その次に5回見せた人、一番好感度が高くなかったのが2回見せた人でした。

つまり、多く接触したほど好感度が高くなるということがわかったのです。

ザイオンス効果を使ったテクニック

ザイオンス効果を恋愛で使うと、確実にあなたに惚れやすくさせることができます。

大きく分けて7つの使い方があるので、ぜひ覚えておいてください。

1.実際に会う

一番基本的なテクニックは「実際に会う」ことです。

ザイオンス効果を高めるには接触の回数を増やしてみてください。

これは、デートである必要はありません。

学校や職場で一緒になる、お昼休みに一緒にランチをとるなどでも良いです。

もし声をかけるのはハードルが高いという人は「目が合った時に会釈する」だけでも効果はあるので、試してみてください。

2.LINEやメール、電話でも接触回数を増やす

ザイオンス効果は直接顔を合わせなくても効果を発揮します。

それは、ザイオンス効果は頻繁に相手の意識に上がることで印象が良くなる心理現象だからです。

直接会うのがハードルが高いという人はLINEやメール、電話で使ってみてください。

ただし、ハードルが低いからといって1日で何通も送ると相手からウザがられるので、適度な頻度で送るようにした方が安全です。

具体的には、1日1つか2つの話題程度までが良いです。

ちなみに、LINEやメールは長文でなく、短文を回数送るのがオススメです。

また、「ペーシング」と「マッチング」というテクニックを使うと確実に相手は惚れやすくなります。

ペーシングとマッチングについてはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/line-pacing-matching/ target=]

3.SNSで間接的に接触する

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで繋がることでもザイオンス効果を働かせることができます。

SNSだけの関係で顔もわからないけど、好印象を持っている人っていませんか?

これはザイオンス効果が働いているからです。

相手にメッセージやコメントを残さなくても、相手の投稿に「いいね」を押すだけでも効果はあります。

そして、相互フォローの場合は、あなたも投稿してみてください。

相手はあなたの投稿も見てくれると思うので、接触回数を増やして好感度を上げることができます。

4.プレゼントをする

プレゼントをすることでもザイオンス効果を使うことができます。

なぜなら、そのプレゼントを使う度にプレゼントしてくれたあなたのことを思い出すからです。

ポイントは何でもない普通の日にプレゼントをすることです。

そして、あまり値段が高過ぎず、何度も繰り返し使える物をプレゼントするのがオススメです。

心理的に惚れさせるプレゼントについてはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/gift-of-love/ target=]

5.デートを切り上げる

「デートを切り上げる」のもオススメのテクニックです。

ザイオンス効果で重要なのは会っている長さではなく、会う回数です。

デートを切り上げることで、相手に物足りなさを与えて、次回のデートに繋げやすくできます。

これは「ツァイガルニク効果」と言って、「人は達成したものより未達成のものに執着する」心理現象を使ったテクニックです。

つまり、デートを切り上げることで次の接触に繋げやすくなり、さらにツァイガルニク効果で惚れやすくさせることもできるのです。

ツァイガルニク効果のテクニックについてはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/zeigarnik-effect/ target=]

6.物を貸す

「物を貸す」ことで、相手がそれを使っている時はあなたのことを思い出します。

教科書や仕事の道具、DVDや漫画などなんでもOKです。

重要なのは「あなたの物が相手の手元にあること」だけです。

また、物を貸すということは返すときに会うことになります。

リアルでの接触回数も自然と増やすことができるので、「物を貸す」ことは本当にオススメの方法です。

7.友達に名前を出してもらう

これは、好きな人と自分に共通の親しい友達がいる時に使えるテクニックです。

好きな人と友達が会話する時に、友達にあなたの名前を出してもらうようにお願いしてみましょう。

友達との会話であなたの名前をちょくちょく出してもらうことで、あなたの好感度を上げることができます。

ポイントは、あなたの良いエピソードを話してもらうことです。

こうすることで、「ウィンザー効果」という心理現象を働かせることができるからです。

ウィンザー効果とは「直接話すより第三者を介した情報の方が信頼できる」心理現象です。

つまり、友達に名前を出してもらうことで「ザイオンス効果」と「ウィンザー効果」のダブルで相手を惚れやすくすることができるのです。

ザイオンス効果の注意点

劇的な効果が期待できるザイオンス効果ですが、正しく使わないと効果が出ないだけでなく、逆に好感度を激減させてしまうリスクがあります。

ザイオンス効果を使うにあたっての注意点は6つあるので、ぜひ覚えておいてください。

1.長さよりも回数

ザイオンス効果で重要なのは「会っている長さではなく会う回数」です。

ダラダラと1度で長く会っていると、新鮮味が無くなっていき、逆に魅力が下がってしまいます。

電話だと3分ぐらいでも十分ですし、LINEやメールでも短文を2〜3ラリーするだけでもザイオンス効果は十分発揮します。

デートの場合は少し切り上げて、相手を満足させない方が「ツァイガルニク効果」が働き、確実に相手を惚れやすくすることができます。

ザイオンス効果は、濃厚に接触するのではなく接触回数を増やすことで最大限の効果を発揮するテクニックなのです。

2.無理やり接触回数を増やさない

回数が大事といっても、やりすぎは良くないです。

無理に接触回数を増やそうとすると、逆効果になるのでやらないようにしてください。

相手が自分に興味無い段階で無理やり会おうとすると相手から気持ち悪がられ、ストーカーだと思われるリスクもあります。

ザイオンス効果に限らず、相手から好かれる根本の考えは「相手の気持ちを大切にする」ことです。

相手の気持ちを尊重しながら、自然な範囲で接触するようにしてみてください。

3.元の印象が悪いと逆効果

ザイオンス効果は、相手からの印象が悪いと逆効果になるので気をつけてください。

それは、悪い印象のまま接触回数を増やすと、その度にどんどん悪い印象が強まっていくからです。

もし、「自分の印象があまり良くないかも・・・」と思う時は、一度ザイオンス効果を使うのは止めて、他の恋愛テクニックを使ってみてください。

そんな時は「吊り橋効果」「ベンジャミン・フランクリン効果」を使ったテクニックを試してみてください。

これらのテクニックなら脈無しでも惚れさせることができます。

詳しくはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/suspension-bridge-effect/ target=]

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/benjamin-franklin-effect/ target=]

4.効果の限界は10回

残念なことにザイオンス効果は無限には上がりません。

いろいろな実験でザイオンス効果の限界は10回であることがわかっており、それ以上たくさん会っても効果の上昇は見込めません。

これは、10回以上会うと好感度が落ちていくという意味ではなくて、20回も100回も10回の時とほとんど同じという意味です。

なので、10回を超えたら他の恋愛テクニックも駆使して相手にアプローチしてみてください。

他のアプローチの方法の1つに、会っている時に誰でも簡単に使える「ミラーリング」というテクニックがあります。

ミラーリングについてはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/mirroring/ target=]

5.回数が増えればボロが出やすくなる

ザイオンス効果で気をつけなければいけないことは「回数が増えればボロが出やすくなる」ということです。

相手とたくさん会う機会が増えるので、お互いに相手の情報を知ることになります。

知られたくないことを聞かれて話さざるを得なくなったり、こっそり鼻をほじってるのを見られてしまうかもしれません。

もし、ボロを出してしまって相手からの印象を悪くしたと気づいたら、その場ですぐにフォローする行動を取ってください。

例えば、クセでつい舌打ちしてしまったのを相手に見られた場合、

「ごめん。最近嫌なことがあってイライラしてて、つい舌打ちしちゃった。もうやらないように気をつけるよ。ほんとごめん」

みたいな感じです。

特に女性は拡大思考が強く、フォローしないでそのままにしておくと、どんどん悪いイメージが頭の中で膨らんでいきます。

一番良いのはボロを出さないことですが、もしボロが出てしまったら早め早めにフォローするように心掛けてください。

6.関係を深める努力をする

ザイオンス効果には相手からの好感度を高める効果がありますが、これだけで必ず恋愛に発展する訳ではありません。

相手を絶対に恋人にしたい人は、ザイオンス効果を使って好感度を上げつつ、関係を深める努力をしてください。

関係を深めるテクニックはいろいろありますが、一番オススメなのは「ネームコーリング効果」を使ったテクニックです。

ネームコーリング効果についてはこちらにまとめてますので、見てみてください。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/namecalling/ target=]

まとめ

  • ザイオンス効果とは「接触頻度が高くなると、無意識で対象の好感度が高くなり、惚れやすくなる」心理現象
  • ハードルがかなり低く誰でも簡単に使えるテクニック
  • 実際に会う以外にもLINEや電話、SNSでも使うことができる
  • 会う時間の長さよりも会う回数が大切
  • ザイオンス効果を使いつつ他のテクニックも合わせて使う

ザイオンス効果は片思いの人や、これから友達から恋人に発展させたい人には本当にオススメです。

ぜひ明日から使ってみてくださいね(^_-)-☆

確実に恋愛を成功させたい人は、この本がオススメです。ここに全てが書いてあります。

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/double-bind/ target=]

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/door-in-the-face/ target=]

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://moumou777.com/reminiscent-action/ target=]

当サイトおすすめ



結婚相談所が運営する真剣な婚活【ベルロード縁結びサポート】



サービス・料金プラン!すべてが常識破りの「結婚情報サービス」 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる