都市伝説「紫鏡」を知っていますか?対処法や噂は本当なのか考察

  • 都市伝説の紫鏡ってなに?
  • 紫鏡の話が知りたい
  • 紫鏡の呪いから助かる方法が知りたい

と悩んだことはありませんか?

そのような悩みはこの記事で「全て」解決していきます。

この記事では、都市伝説の紫鏡を紹介します。

○紫鏡の怖い話
○紫鏡の呪いから助かる方法
○紫鏡の呪いは本当なのか?

などがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

紫鏡とは?

紫鏡は1960年代にはすでにあった、かなり古くから存在する日本の都市伝説です。

○紫の鏡
○ムラサキカガミ
○パープルミラー

と言ったりもします。

紫鏡が60年以上も語り継がれてきているのは、その怖さが尋常ではないからです。

しかも、その怖さの系統が他の都市伝説とは異なるのです。

わたしも小学生のころ、この話を聞いてもいないのに聞かされてかなり怖かった記憶があります。

ぬこさん

聞かされるってヤバイ・・・

紫鏡は20歳まで覚えていると呪われる

この都市伝説が最恐に怖い理由は、紫鏡という言葉を20歳まで覚えていると呪われると言われている点です。

話の内容を知らなくても「紫鏡」というワードを聞いたり見たりしただけでダメだそうです。

見たら行けないくねくねに似ている気がします。

「えっ!もうこの記事で見ちゃったじゃん」と思って慌てている人もいるかもしれません。

安心してください。

後半で、紫鏡の対処法と呪いは本当に起きるのかもしっかり説明します。

紫鏡の怖い話

紫鏡の都市伝説には2つの話があります。

ここでは、紫鏡の怖い話を紹介します。

手鏡を紫に塗ってしまったA美

病人に入院している19歳のA美。

A美は、両親からもらった手鏡を、紫色の絵の具で塗りつぶしました。

塗りつぶしたことを後悔して、絵の具を落とそうとしましたが、全く落ちません。

洗っても拭いても全く落ちないのです。

その日からA美の容態が急変し、20歳を迎えることなく亡くなりました。

紫色に塗りつぶしたことを後悔して、亡くなる直前まで「紫鏡」と言っていたそうです。

成人式に消えたC菜

B子は成人式の直前に交通事故で亡くなりました。

お通夜の日に、棺の中に紫色の手鏡が入れられました。

この手鏡は生前B子が大切にしていました。

B子の同級生のC菜は、それを見て次のように言いました。

手鏡なんて持っているから、鏡に魂を吸い取られるんだよ

翌日、B子の棺から紫色の手鏡がなくなっていることに両親は気づきます。

成人式の日、会場に来るはずのC菜が来ないので心配した友人がC菜の家に行きました。

そこにはC菜はいなく、両親に連絡しても実家には帰って来ていないそうです。

それからもC菜が現れることなく、現在も行方不明だそうです。

C菜の家に行った時に友人があるものを発見しました。

なんと、棺から消えたB子の手鏡がC菜の部屋にあったのです。

紫鏡の対処法

「紫鏡を知ってしまった!」と心配な人も安心してください。

ここから紫鏡の対処法を紹介します。

打ち消す言葉がある

紫鏡のマイナスのエネルギーを打ち消す言葉があると言われています。

それは次の3つの言葉です。

○白い水晶
○ホワイトパワー
○ピンクの鏡

この中から好きな言葉を心の中で3回言うと呪いを打ち消すどころか、逆に幸せなことが起きるらしいです。

紫鏡のマイナスのパワーがプラスに変換されるみたいです。

ぬこさん

心配な人は心でつぶやいてね

すでに20歳を超えている

紫鏡は、その言葉を聞いて20歳を迎えると呪われる都市伝説です。

なので、20歳をすでに過ぎている人が聞いても何も起こらないはずなので安心してください。

ぬこさん

そもそも心配する必要ないよ

紫鏡を忘れる

紫鏡をもし10代の内に聞いてしまっていたら忘れるのも良いです。

紫鏡は20歳までに呪われるのではなく、20歳になったら呪われるという都市伝説です。

つまり、20歳までは呪われないのです。

また、20歳まで言葉をずっと覚えていなければ呪われないと言われています。

この時までに話を忘れてしまいましょう。

紫鏡はそこまでテレビなどでも取り上げられないので、思い出す機会はそんなに多くないはずです。

好きなことを楽しんで毎日生活していたら、気づいたら忘れていると思いますよ。

ぬこさん

気にしなければ忘れられそう

紫の鏡に似た都市伝説

紫鏡と同じく20歳まで覚えていると呪われる都市伝説に次のようなものがあります。

○イルカ島
○赤い沼
○紫の亀
○血まみれのコックさん

どの都市伝説も20歳まで覚えていると何かしら起きると言われています。

数年後に何か悪いことが起きるという、長い間待たされる恐怖がホラーとして魅力的なのかもしれません。

紫鏡の都市伝説が生まれた理由

ここでは、紫鏡の都市伝説が生まれた理由を考察していきます。

紫鏡が作り話だと仮定して考察するので、信じている人はスルーしてください。

紫の不気味さ

紫は暗くて不気味な色のイメージがあるので使われたとわたしは考察しています。

これが鮮やかな色の鏡だったら怖さが半減します。

ちなみに、黒や赤も怖いイメージがつきやすいと思います。

ぬこさん

たしかにピンク鏡だったら怖くなさそう

鏡の怖さ

鏡というのは自分の姿を写す不思議な物体で、なんとなく怖さがあります。

怖くない人も多いかもしれませんが、紫鏡の都市伝説が出てきた1960年代では今よりは怖がられていたと思います。

他にも「合わせ鏡」や「学校の怪談の大鏡」など鏡に関する都市伝説がいろいろあることからも鏡は怖い話にしやすいのかもしれません。

鏡の都市伝説は「もしかしたらドッペルゲンガーの都市伝説を元に誕生したのでは?」とわたしは考えています。

紫鏡の都市伝説は本当なのか?

紫鏡は本当に20歳まで覚えていると呪われるのか考察しました。

結論から言うと、わたしの意見では20歳まで覚えていても呪われません。

つまり、話を怖くするためのデマだと考えてます。

理由を順番に解説します。

紫鏡を知って20歳になった人はたくさんいる

紫鏡の都市伝説は1960年代からあると言われています。

そのため、すでに何十万もの人が紫鏡の話を聞いて20歳を過ぎているはずです。

本当に呪われて何か起きるなら社会的な問題になると思いますが、そういったニュースは聞いたこともありません。

ぬこさん

本当に20歳で不幸になるなら、紫鏡が原因だと特定しやすそう

呪いの内容が曖昧

呪いの内容が曖昧なのも紫鏡の呪いがデマだと思う理由です。

必ず亡くなるなどハッキリしていて、それが起こっているならば信用できます。

しかし、呪われるだと何かしらの不幸が訪れるという幅の広いイメージになります。

○ケガをした
○恋人に振られた
○留年した

人は必ず何かしらの不幸は起こります。

しかも20歳のいつ起きるかとは決まってないので、期間もかなり長いです。

生きていると何かしらの良くないことは必ず訪れるので、その不幸が起こった時に紫鏡の呪いだと思ってしまうのかもしれません。

ぬこさん

曖昧だから本当に起きたと信じやすいね

話を忘れたら呪われること自体も忘れている

そもそも、紫鏡の話を20歳の時に忘れていたら、呪われるということ自体も忘れています。

つまり、実際に何も不幸な出来事が起きなくても、話自体を忘れていたら「呪いは無かった」と思えないのです。

紫鏡は何も起きないという意見が少なくなれば、必然的に肯定的な意見が強くなります。

紫鏡の都市伝説が60年以上も信じられているのにはこのようなカラクリがあるのかもしれません。

ぬこさん

たしかに、20歳までずっと覚えているのは難しいかも

紫鏡の映画

紫鏡は2011年に映画が公開されています。

タイトルは「呪われた都市伝説 紫鏡」です。

内容は都市伝説の紫鏡を題材にしていて、怪物なども出てこないので純粋なホラー作品として面白いです。

貞子系のホラーが好きな人は楽しめると思います。

\呪われた都市伝説 紫鏡はU-NEXTで観れます/

紫鏡は一味違う怖さがある都市伝説

まとめ
  • 紫鏡を20歳まで覚えていると呪われる
  • 呪いをプラスにする方法がある
  • 紫鏡の映画もある
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる