エナジードリンクの飲みすぎは危険?本当の効果と副作用

『エナジードリンク』と聞くと皆さんはどのようなイメージをもっていますか?

わたしはエナジードリンクを「元気を出したいときや疲れをとりたい」時に飲むイメージをもってました。

それと同時に私の友人の間では「飲みすぎると体に良くない。元気の前借り」などいわれていて、そのようなイメージも持っていました。

実際は「エナジードリンクとは何なのか?」「どのような効果があるのか?」

今回は「エナジードリンクの本当の効果と副作用」について深掘りしていきます。

目次

エナジードリンクは清涼飲料水

エナジードリンクと似たものに「栄養ドリンク」というものがあります。

どちらも体内に入るとビタミンと似た働きをする成分を含んでおり、病気の予防や健康の維持に効果が期待できるといわれています。

決定的な違いは栄養ドリンクは「医薬品または医薬部外品」であるのに対して、エナジードリンクは「清涼飲料水」ということです。

栄養ドリンクは「有効成分」を表示できる上に「効果をはっきり記載」できます。

しかし、エナジードリンクは清涼飲料水なので効果の表示はできません。

 
もーもー
エナジードリンクは「効果がある」とは記載できなくて、「効果が期待できる」としかいえないんだよ

さらに「タウリン」などの成分を栄養ドリンクは含むことができますが、エナジードリンクには含むことが許されていません。

栄養ドリンクとエナジードリンクの使い分け

栄養ドリンクの目的は「滋養強壮、栄養補給」です。

風邪で体力を消耗してしまったときの、栄養補給をしたい時などに効果が期待できます。

そのため、栄養を必要とする幅広い年齢層がターゲットとなっています。

エナジードリンクの目的は「リフレッシュや気分の向上」です。

元気を出したいときや仕事などでもうひと踏ん張りしたいときなどに飲むと良いといわれています。

また、年齢層も比較的若者向けがターゲットとなっています。

エナジードリンクの効果

エナジードリンクにはカフェインや、アルギニン、ビタミンB群などの成分が含まれています。これらの効果について深掘りしていきます。

カフェイン

カフェインには脳神経を興奮させて眠気を防ぎ、疲労感を解消させる効果があります。また、脂肪分解酵素を活性化する作用があるので、ダイエットの前に摂取するのがいいといわれています。

アルギニン

アルギニンは子供の成長に必須といわれているアミノ酸です。成長ホルモンの分泌を促して、筋肉増強に効果が期待できます。また、免疫力向上、血流改善、生殖機能の改善なども期待できます。

ビタミンB群

ビタミンB群は身体の機能を保つために必須な栄養素です。炭水化物や脂肪を代謝し、効率よくエネルギーに変換してくれます。

 
ぬこさん
これを聞くとエナジードリンクをたくさん飲んだ方が体に良さそうに聞こえるにゃ。副作用はないのかにゃ?
 
もーもー
じつはたくさん飲むのは危険なんだよ。次に説明するね

副作用

エナジードリンクにはカフェインが含まれています。

カフェインを大量に摂取した場合、吐き気がしたり、眠れなくなったり、動悸が起こったり、胃が痛くなる副作用が起こることがあります。

成人だと、「カフェインを1時間以内に体重1kg当たり、6.5mg以上摂取すると危険」と言われています。

エナジードリンクは1日1〜2本程度にしておくのが良さそうです。

中にはロング缶やカフェインが大量に含まれている物もありますので、その場合飲む量を調整するのがいいと思います。

また、薬を服用している時は副作用を引き起こしてしまう可能性があるのでエナジードリンクを飲むのは控えた方がいいといわれています。

スポーツの時飲むのはパフォーマンスが上がる?

スポーツの時にエナジードリンクを飲むとパフォーマンスが上がるかどうかというと、

答えは「YES」です。

エナジードリンクにはカフェインが入っています。カフェインは興奮作用があるので、運動効率を上げる効果が証明されています。

また、エナジードリンク含まれる糖質は吸収が早くすぐにエネルギーとして使われるので、長く運動を行うのに適しています。

しかし、エナジードリンクよりコーヒーの方がカフェインが多く含まれている場合が多いのでスポーツ前にはコーヒーを飲んだ方が効果が期待できるかもしれません。

あとがき

いかがだったでしょうか。

今回は「エナジードリンクの本当の効果と副作用」について深掘りしていきました。

エナジードリンクは眠気覚ましやリフレッシュとして便利です。

しかし、副作用のことも理解して飲みすぎには気をつけながら正しく飲用していきたいものです。

ではでは(^O^)

【他のシリーズをまだ見ていない方は、ぜひこちらもご覧になってください】

↓から飛べます

あわせて読みたい
ダイエット中にいくら食べても太りにくい時間。本当に痩せます【重要なのはBMAL1】  ぬこさん そもそも、食べても太らない時間なんてあるのかにゃ~?       もーもー 食べても太らない時間はあるよ。正確にいうと食べても太りにく...
あわせて読みたい
【ダイエットのときに食べても太らないOKなおやつ3選】僕が実際に痩せたおやつ 【ダイエット中におやつは食べてもいいの?】 ダイエットは食事制限と運動が重要です。 では、おやつは食べてもいいのでしょうか? 正解は『食べるものと食べる時間を考...
あわせて読みたい
ワクチンとは。ワクチン接種の副作用と種類、危険性の真実と歴史 『ワクチン』は英語でvaccineといいます。 vaccineには「牛痘の」という意味もあります。この意味の通り、最初のワクチンは天然痘からはじまりました。 ワクチンには長...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる